PS3 バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ!!

PS3 バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ





発売予定日         2012年4月26日

メーカー希望小売価格   6,990円

販売価格           6,280円

OFF              710円(10%)

発送時期          予約受付中





「バイオハザード2」などで舞台になった、

ラクーンシティ壊滅の裏側を描いたTPSゲーム。


惨劇のシナリオを描くキャンペーンモードと、

最大8人が参加できるマルチプレイ対戦が可能な

サバイバル戦を楽しめる。



~STORY~


破滅の始まり

一色の部隊が静かに降り立った

特殊部隊「U.S.S.」の目標は街の地下にある研究施設。

合流したハンクという男の指示のもと、彼らは突き進む。

そこで研究されていた「それ」は、

世界を揺り動かす価値があり、

そして世界を滅ぼすことも出来る力があった。

すべての障害を排除して、「それ」を手に入れる。

彼らにとって簡単な仕事のはずだった。

しかし、この作戦が彼らの運命を無理やり捻じ曲げていく。



1998年9月・・・

アメリカ中西部ラクーン市が沈黙する。

人が凶暴化していく異常な奇病により、

住人の殆どが人を喰らうゾンビと化してしまったのだ。

国際企業アンブレラは社の存亡を賭けた岐路に立たされていた。

この事件の原因はアンブレラ社の開発していた

生物兵器t‐ウィルスの漏えいであり、

すでにこの大規模バイオハザードを止めるすべはなかった。

経営陣はラクーンの混乱に乗じて、すべての痕跡を抹消する決定をくだす。



ラクーンシティ作戦

特殊部隊「U.S.S.」は再度ラクーンの地を踏んだ。

点在する情報の消去と、関係者の抹殺。その任務のため、

黒の部隊は呼び戻されたのだった。

街の状況は絶望的に悪化していた。

そんな中、同じアンブレラ部隊のニコライという生き残りと出くわす。

そして彼から謎の部隊が潜入しているという情報を得るのだった。

高度に訓練され、優秀な装備を持つ兵士達。

その正体は米軍の特秘特殊部隊「SPEC OPS(スペック オプス)」。

米政府はアンブレラ社の証拠を押さえるために、彼らを派遣したのだった。

「U.S.S.」の前に強大な敵が立ちはだかる。



黒の部隊が暗躍するラクーンシティの物語

アンブレラの特殊部隊U.S.S.新デルタチーム、

通称「ウルフパック」のメンバーを操作し、

ストーリーに沿って様々なミッションを遂行。

武器や個別のアビリティは、

AMPAIGNやVERSUSで得た経験値(XP)を使用し、

手に入れることが可能。

シングルプレイでは3人のNPCと共にプレイ、

またオンラインでは世界中のプレイヤーと協力して

各ミッションをプレイすることも可能だ。
































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック